【GI高松宮記念杯競輪】渡辺一成が気持ちのこもった走りで白星挙げた

2019年06月13日 15時06分

【GI高松宮記念杯競輪(13日)】一次予選2Rをまくりで制した渡辺一成(35)は肩で息をしながら引き揚げてきた。このところ期待される成績を残せていなかったが、状態の良さがモチベーションを維持させていた。稀代のスピードスターが狙うのは、ヒットではなく、さらに上だ。