【GI高松宮記念杯競輪】古性優作は地元の期待を背に戦っていく

2019年06月12日 15時51分

【GI高松宮記念杯競輪(12日)】古性優作(28)が地元悲願の優勝を目指し、大事なシリーズに参戦する。課題になっているのは脇本雄太(30)の番手を回った時。今は「脇本さんを差さないとGⅠ優勝はない」と思って、タテ脚強化に励んできた。初日の西特選11Rは脇本とは近畿別線の戦いになる。自力の戦いで脇本の強さを感じ、シリーズ制覇へつなげる。