【GI日本選手権競輪】原田研太朗がスピード攻勢で決勝のイスを確保した

2019年05月04日 19時23分


【GI日本選手権競輪(4日)】原田研太朗(28)は準決勝11Rで脇本雄太(30)の豪脚には及ばなかったものの、迫るスピードで2着に入った。昨年はグランプリ出場次点に泣いたが、今年に入って勢いは完全復活。今年のGP切符をここで手にできるか。レース後、清水裕友(24)、松浦悠士(28)と原田の3人で気持ちを確認した結果、原田は中四国3番手に決まった。