【深谷知広の競rin世界挑戦】スプリント世界ランク10位以内目指して頑張る!

2019年02月24日 16時43分

世界選手権に挑む深谷知広

 みなさんこんにちは! W杯シーズンが終わり今シーズンの大一番、世界選手権に参加するためにポーランド滞在中の自転車競技日本代表、競輪選手の深谷知広です。

 2018―19シーズンでは個人スプリントに集中して参戦しています。その中で決めていた目標の一つが世界ランキングで10位以内に入ることでしたが、アジア選手権での失敗が大きく響き、世界選手権前の段階で14位という結果になりました。なので今シーズンの最終戦の世界選手権でランキングを上げられるように頑張ります!

 香港から帰国後、ブノワ・ベトゥ・コーチと今シーズンのスプリントの戦い方、レースへの臨み方などを振り返り、どうしたら最高の状態で挑めるかを話し合いました。

 その中のひとつが朝のウオーミングアップ開始時間についてです。アップを開始する時間を早めてダッシュの本数を増やしたいと提案をしましたが、大会を勝ち進んでいく前提の中、体力面でのリスクもあると説明されました。その結果、会場入りする時間とアップの内容を微調整して対策することにしました。

 これは、ほんの一例ですがこのような話をしながら少しずつ修正してレベルアップを図っています。

 現在、ケイリンでは世界個人ランキング1位・河端(朋之)さん、2位・ワッキー(脇本雄太)で国別ランキングでも日本は1位と世界最強国となっています。スプリントではかなり厳しい道のりですが追いつけるように頑張りたいと思います! 

 直前のトレーニングの様子やレース結果などは私のSNSから積極的に発信していくのでぜひチェックしてください!

おしまい。

☆ふかや・ともひろ=1990年1月3日生まれ、愛知県出身。169・8センチ、79キロ。桜丘高卒業。競輪のトップ選手で自転車競技の日本代表。

主な自転車競技歴=オーストラリアユースオリンピックフェスティバルのスプリント、チームスプリント優勝。第62回国民体育大会スプリント優勝。第15回アジアジュニア選手権大会スプリント、ケイリン、チームスプリント優勝。今年2月アジア選手権大会1Kmタイムトライアル優勝。

主な競輪実績=史上最速S級特別昇級(デビューから56日)、史上最速GI初優勝(2011年6月高松宮記念杯)、寛仁親王牌(14年7月)のGI・2勝。ルーキーチャンピオンレース(10年4月)、ヤンググランプリ(10年12月)、西王座戦(12年2月)、サマーナイトフェスティバル(14年8月)優勝。

 SNSで情報を随時発信中(ツイッター@tmhrfky)