【GIII玉藻杯争覇戦】平原康多は若手の進撃を食い止める鬼だ

2019年02月01日 18時25分


【GIII玉藻杯争覇戦(1日)】平原康多(36)は二次予選A・12Rで過度けん制の重注を2個もらいながらも、前受けを避けた。安易に負けるわけにはいかないと、組み立てにこだわり1着をつかんだ。準決12Rは鈴木竜士(25)と一緒の決勝の切符を手にする。責任感の塊が、バンクを駆け巡っている。