【KEIRINグランプリ】三谷竜生が初制覇 年間最高獲得賞金額も更新

2018年12月30日 19時32分

 競輪界最高峰のレース「KEIRNグランプリ2018」が30日、静岡競輪場で開催され、先行した脇本雄太の番手から抜け出した三谷竜生がグランプリ初制覇を飾った。

 2万2110人のファンが集結した駿府GP決戦で、沸き上がる歓声を一身に浴びたのは三谷だった。

 10月5日に最愛の母・湖雪(こゆき)さんを亡くしていた…。母にいい報告をしたいという思いと、近畿の仲間の結束力を武器に感動の優勝を飾った。今年はダービーと高松宮記念杯のGI・2勝の大活躍。さらに今回のGP制覇で初の賞金王に輝いた。

 また、年間獲得賞金額も2億5531万3100円とし、2002年に山田裕仁(引退)が記録した2億4434万8500円を更新し、競輪史上最高額を達成した。