期待を込めて知人が命名

2013年02月28日 15時00分

【オートレーサーマシン図鑑36】滝下隼平(28)飯塚・28期

 愛車名は「S・ラセツ」。よく世話になっている知人につけてもらったそうで、仏教の羅刹天からのようだが「詳しい説明は受けたんですけど…」と難解らしい。

 でも時折、その知人から連絡があるそうで、恥じないレースを心掛けている。

 プライベートでは2児の父。「公園に行って遊んであげたり」と子供の世話もする。「下の子はまだ小さいし、夜泣いたりするんです」と大変そう。レース場にいた方がよく眠れるとか。

 そんな滝下、小さいころから父や親戚にレース場に連れて行ってもらっていた。

「朝から夕練までいましたね。あの匂いが好きでした。爆音は全然怖くなかった」という。小学校に入るころにはレーサーになりたいという願望があり、高校3年の時に試験を受験、一発合格し夢がかなった。

「試走で前の人より立ち上がりが内に向いていて、かつタイムが出ていれば本物です」とのこと。車券を買う時の参考にどうぞ。

☆たきした・じゅんぺい=1984年3月20日生まれ。福岡県出身。2003年4月1日選手登録の28期。優勝回数は5回。同期は中村雅人、西原智昭、武藤博臣、大木光、辻大樹、桝崎陽介、人見剛志、三浦康平など。血液型=AB。