【GIII瑞峰立山賞争奪戦】取鳥雄吾が準決に向けてスイッチオン

2018年08月31日 15時55分

【GIII瑞峰立山賞争奪戦】富山市の富山競輪場で開催中の「開設67周年記念 瑞峰立山賞争奪戦」は31日、2日目二次予選と優秀戦「峻峰剱賞」が行われた。

 取鳥雄吾(23)は初日特選12R、二次予選9Rと逃げて存在感を示している。初日こそ8着だったが、二次予選は3着に粘り込み、準決進出を決めた。雨走路は大得意だが、レース後は「もうひとつ、気持ちが入っていない」の反省も。準決に向けて、気合を入れ直していた。