【GI高松宮記念杯競輪】古性優作は人気に応えたが反省しきり

2018年06月14日 20時03分

【GI高松宮記念杯競輪】14日、大阪府岸和田市の岸和田競輪場で「第69回高松宮記念杯競輪(GI)」が開幕した。

 古性優作(27)は一次予選10Rで石塚輪太郎(24)の逃げを援護。自身が1着、沢田義和(45)3着、石塚5着と3人で勝ち上がりを決めた。結果は悪いものではなかったが、ラインでワンツースリーじゃなかったことを反省していた。