【GIIIゴールドカップレース】吉沢が平原に託され積極戦を宣言

2018年05月13日 17時36分

【GIIIゴールドカップレース】東京・京王閣競輪場で開催中の「開設69周年記念ゴールドカップレース」は13日、2日目二次予選と優秀戦を行なった。

 吉沢純平(33)が二次予選9Rを予定通りの運行で逃げ切り勝ち。初日特選での失敗を挽回することに成功した。3日目の準決勝は12Rで平原康多(35)と地元の朝倉佳弘(37)に任され、ラインの先頭で積極戦を誓う。軌道修正し再び痛快な先行策に期待だ。