【GIIIゴールドカップレース】木暮は平原アニキの背中で勉強

2018年05月12日 18時15分

【GIIIゴールドカップレース】12日、東京・京王閣競輪場で「開設69周年記念ゴールドカップレース」が開幕した。

 特選12Rに登場した木暮安由(33)は平原康多(35)マークを外さず堅実に2着をキープ。4月の「西武園記念」、平塚「日本選手権競輪」に続いて3場所連続して平原をマークしており、あうんの呼吸で人気に応えた。本人も「(番手を回る際の)バリエーションを増やしたい」と意欲満々だ。