• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【阪神大賞典】完成の域に達したクリンチャー不動の主役

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【阪神大賞典】完成の域に達したクリンチャー不動の主役


古馬になっても心身ともに充実してきたクリンチャー

【阪神大賞典(日曜=18日、阪神芝内3000メートル=1着馬に4・29天皇賞・春優先出走権)栗東トレセン発秘話】GIIスプリングS(日曜=18日、中山芝内1800メートル=3着までに4・15皐月賞優先出走権)にカフジバンガードを出走させるのが松元調教師。優先出走権を獲得すれば、厩舎にとっては解散1年前にして、最初で最後の皐月賞出走ということになる。

「クラシックは早く成長した馬に(勝つ)確率が高いレースだからね。もともと自分自身が古馬の長距離戦が好きで、クラシックには固執してやってこなかった面もある」とは当の松元調教師。

 カフジバンガードの場合は「とにかく丈夫」なのと「高い道悪適性がある」ため、皐月賞当日の馬場が悪くなったらチャンスも出てくるとあって、休まずにひと踏ん張りしてもらっているものの、「この時期に無理して使うことはしない」のが本来のスタンスだ。

 一方、体が完成しないまま、昨年のクラシック3冠を乗り切ってしまったのが、GII阪神大賞典で主役を務めるクリンチャーだ。

「皐月賞、菊花賞とも不正駈歩(ふせいかけあし=前脚と後ろ脚で手前が違うこと)になっていたくらいだからね。それだけクラシックを使っていたころは、まだトモが緩くて、しっかりしていなかった。そんな中で3冠全てに出走して、皐月賞4着、菊花賞2着とそれなりに結果を出したのは大したものだよ」

 管理する宮本調教師はそう振り返ると同時に、「今はトモもしっかりしてきて、以前では考えられないくらい、攻め馬でも動くようになった。ここにきてようやく完成の域に入ってきたね」と目下の充実ぶりをアピールした。

 やはり激戦のクラシック3戦を全て走り切ってしまうような馬は、それだけのタフさと高いポテンシャルを秘めているということなのだろう。

「それだけじゃなくて、運も持っているんだ。すみれSを勝った時点ではボーダーギリギリと言われていたけど、なんとか皐月賞に出られたし、そこで(ダービーへの優先出走権が与えられる)ギリギリ4着に来たことで、ダービーも使えたわけだからね」

 阪神大賞典は、頭数も手頃な上に、さしたる強敵も不在。これも持って生まれた強運ゆえか? 運に加えて、実力もついてきたクリンチャーが今週の主役。いや、京都記念→阪神大賞典連勝となれば、4・29天皇賞・春の不動の主役に躍り出ることになる。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!