• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > アンカツ引退会見「調教師になるつもりはない」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンカツ引退会見「調教師になるつもりはない」


アンカツは「調教師や調教助手になるつもりはない」

 引退を表明した安藤勝己(52=栗東・フリー)が30日、栗東トレセンで引退会見を開いた。2003年に笠松から中央に移籍し、10年間でJRA・GⅠ通算22勝を挙げた名手の一問一答は以下の通り。

 ——引退を決断した時期、理由は

 安藤:昨年の春先から徐々に体が硬くなり、馬とうまくコンタクトを取れないようになってきた。自分のイメージ通りの競馬ができない以上、ファンや関係者のためにも辞めた方がいいと考えた。明日(31日)、免許を返上します。

 ——現在の心境

 安藤:騎手としてやり残したことはないし、さっぱりしている。でもさみしくないと言えば嘘になるね。

 ——思い出のレース、馬は

 安藤:ビリーヴの高松宮記念(03年)。中央に来て最初に勝ったGⅠだね。04年のダービーを勝ったキングカメハメハは、いつでも安心して乗っていられた馬。ダイワスカーレットは素晴らしいスピードが印象的だった。

 ——松田国調教師からは「スカーレットの子に乗ってほしかった」との言葉があった

 安藤:(乗せてもらったにしても)いいパフォーマンスができるという自信がなくなったので…。

 ——笠松時代の思い出の馬は

 安藤:フェートノーザンだね。大井や北海道に一緒に行って、何か月も過ごしたよ。

 ——オグリキャップについて

 安藤:デビューしたころはみすぼらしい馬だなあと思っていた(笑い)。そしたら日に日にたくましくなって。すごい成長力だった。中央に移籍してからも、オグリのレースだけは見ていたよ。

 ——今後は

 安藤:特にプランはないし、調教師や調教助手になるつもりはない。ただ競馬は好きだし、ファンに競馬のよさを伝える仕事ができれば。しゃべるのは苦手だけどね(笑い)。

 

武豊 アンカツ引退に惜別コメント「生き方がすごい」

内田博 アンカツ引退に「とにかくすごい人」

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!