• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【京成杯・血統調査】母親譲りの豪快末脚コズミックフォース 瞬発力勝負ならヒケ取らず

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【京成杯・血統調査】母親譲りの豪快末脚コズミックフォース 瞬発力勝負ならヒケ取らず


デビュー戦で最速上がりをマークしたコズミックフォース

【京成杯(日曜=14日、中山芝内2000メートル)血統調査】シンザン記念をアーモンドアイで制し、勢いに乗る国枝厩舎が同じ戸崎圭とのコンビで京成杯に送り込むのが、コズミックフォース。未勝利を勝ち上がった後ひと息入ったが、この距離を2戦経験しているのは強みだ。

 母ミクロコスモス(父ネオユニヴァース)は中山スプリングプレミアムなど4勝。GI阪神JFで3着したほか、フィリーズレビュー、ローズS、クイーンC各4着、秋華賞5着と牝馬重賞戦線で活躍した。

 現4歳の産駒アンティノウスは勝ち上がるのに5戦を要したが、クロフネ産駒らしくダート1800メートルの未勝利戦を勝つと、続くダート1600メートルの500万下も4馬身差で圧勝。ユニコーンSでは穴人気(4番人気7着)となった。コズミックフォースは父がキングカメハメハに替わり、さらなるレベルアップが期待できる。

 祖母ユーアンミー(父マーケトリー)は米国産馬。こちらもGIIIフォワードギャルSに勝ち、GIIダヴォナデイルS、GIIIノーブルダムゼルH各2着など、重賞で実績を残している。

 ミクロコスモスの全弟となるウェスタールンドが太宰府特別など現3勝を挙げているほか、ハーツクライ産駒のリングネブラも芝の1800~2000メートルで3勝している。

 デビュー戦では3着止まりとはいえ、最速の上がり33秒2をマークし、母親譲りの豪快な末脚を披露したコズミックフォース。瞬発力勝負になれば、ヒケは取らない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!