• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【松島良都の2017格付け委員会:2歳馬部門】強さ際立つ3連勝 ダノンプレミアムは57キロ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【松島良都の2017格付け委員会:2歳馬部門】強さ際立つ3連勝 ダノンプレミアムは57キロ


【松島良都の2017格付け委員会:2歳馬部門】2017年の2歳牡馬勢は久々の豊作。将来性豊かな素材が揃い、今春の3冠ロードはいつになく白熱したものになりそうだ。

 そんな中トップに立ったのはダノンプレミアム。新馬→サウジアラビアRC→朝日杯FSと3連勝をマーク。特に朝日杯は阪神施行になってからの最速タイム(基準タイムのウオッカの1分33秒1にも0秒2差)で楽勝と強さが際立った。近年では高評価の57キロとした。

 もうひとつのGIホープフルSを制したタイムフライヤーは扱いが難しい。今のところホープフルSを含めて数字面で強調できる材料に乏しく、京都2歳Sを取りこぼしたのもマイナス。例年の朝日杯王者とほぼ同等の55・5キロが妥当だろう。

 むしろ、インパクトではダノンプレミアム同様3戦3勝でシーズンを終えたワグネリアン(東スポ杯勝ち)。こちらもディープインパクト産駒で決め手は非凡。タイトルはGIIIのみもタイムフライヤーと並んで55・5キロを与えたい。

 以下ジャンダルム、グレイルらも能力的には差はない。ステルヴィオ、タワーオブロンドンもマイラーとしての資質は高い。重賞に参戦しなかったディープ産駒のオブセッションも注目株だ。

 一方、牝馬は阪神JFまで3連勝で駆け抜けたラッキーライラックが文句なしの首位(54・5キロ)。暴れん坊だった父オルフェーヴル産駒とは思えない?安定した走りで、3勝を異なる競馬場で挙げた。このあたりは精神面も強いのだろう。距離延長も問題ないだけに、今春の牝馬戦線はこの馬を中心に展開していくことになりそうだ。

 同じオルフェーヴル産駒ロックディスタウンは阪神JFで大敗したが、牡馬相手の札幌2歳Sを快勝し、新馬で前出タイムフライヤーを破った能力は非凡。これにリリーノーブル、マウレア、ベルーガらを加えた2番手グループは横一線だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!