• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【香港国際競走】“海外通”秋山響氏「ネオリアリズムは勝ち負け」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【香港国際競走】“海外通”秋山響氏「ネオリアリズムは勝ち負け」


優勝を狙うネオリアリズム

【香港国際競走(10日、シャティン競馬場)海外競馬通の秋山響氏がジャッジ】一日で4つのGIレースをまとめて行う香港国際競走に今年は日本から大挙8頭が出走。香港カップ(芝2000メートル)をモーリス、香港ヴァーズ(芝2400メートル)をサトノクラウンで制した昨年に続く優勝を狙う。

 4レースのうち、最もチャンスが大きいのはGI香港カップだろう。2015/16年シーズンの香港年度代表馬であるワーザーは確かに強いが、そのワーザーを春のGIクイーンエリザベス2世Cで負かしたネオリアリズムも調子を取り戻していれば当然勝ち負け。また、これが3度目の香港遠征となるステファノスも良馬場なら巻き返してくるはず。スマートレイアーはGII京都大賞典では後のGIジャパンC勝ち馬シュヴァルグランを下した。日本勢は馬券から外せない。

 GI香港ヴァーズ(芝2400メートル)もチャンス十分。菊花賞を制したキセキは父ルーラーシップ譲りの雄大なフットワークが目を引く。父がGIを圧勝したシャティン競馬場の馬場も合いそう。GI・6勝のハイランドリール、それを前走のGI・BCターフで下したタリスマニックは強力だが、伸び盛りの3歳馬の勢いを取りたい。トーセンバジルも前走(京都大賞典=2着)のように前で流れに乗れれば面白い。

 GI香港マイル(芝1600メートル)は地元の前哨戦GIIジョッキークラブマイルを制したシーズンズブルームが中心だが、抜けた存在という感じではない。多くの馬にチャンスがある混戦だ。サトノアラジンは不良馬場で走った天皇賞・秋(18着)の影響か、前走(マイルCS=12着)も凡走。末脚はこのメンバーでもピカイチだが…。

 GI香港スプリント(芝1200メートル)は地元香港勢の牙城。過去10年で7勝を挙げ、昨年は1~4着を独占した。今年もGIIジョッキークラブスプリントを快勝した地元馬ミスタースタニングが中心でよさそうだが、直線で進路がなかった3着ディービーピン、4角で外を回りすぎのザウィザードオブオズ、さらに何度も不利を受けて競馬にならなかった9着ラッキーバブルズも巻き返してきそう。非常に層が厚く、昨年レッドファルクスが12着だったことを考えると、日本勢は積極的には狙いづらい。

★香港国際競走4レースの勝馬投票券はインターネット投票のみの限定発売。「即PAT会員」及び「A―PAT会員」なら購入可能。発売式別は「単勝」「複勝」「馬連」「ワイド」「馬単」「3連複」「3連単」で「枠連」の発売はなし。10日10時からそれぞれのレースで発走予定時刻の4分前まで購入できる(ネット投票加入を含めた詳細はJRAホームページ参照)。レースはグリーンチャンネル「2017香港国際競走中継」(16・35~18・30=無料放送)で放映される。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!