• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【東スポ杯2歳S】ワグネリアン 最大の武器は馬場問わない“音速”の末脚

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東スポ杯2歳S】ワグネリアン 最大の武器は馬場問わない“音速”の末脚


クラシック街道をばく進するワグネリアン

【東京スポーツ杯2歳S(土曜=18日、東京芝1800メートル)注目は超良血対決】秋のGⅠシリーズ真っただ中だが、GIIIながらその注目度は毎年“GI級”なのが東京スポーツ杯2歳S。日本ダービー馬ディープブリランテ、皐月賞馬イスラボニータなど、後のGIホースを輩出している出世レースだ。今年は超良血2騎が激突。ディープインパクト産駒ワグネリアン、2015年の年度代表馬モーリスの全弟ルーカスの対決は来年の日本ダービーの前哨戦となるかもしれない。

 7月の新馬戦では古馬も含めた中京での上がり3ハロン歴代最速=32秒6の“音速”ラップを叩き出し、続く野路菊Sでは重馬場をものともせずに上がり3ハロン33秒0で快勝とクラシックへの道をばく進しているワグネリアン。その爆発力に、友道調教師はかつて攻め専助手として調教に携わった祖母ブロードアピール(シルクロードS、根岸Sなど重賞6勝)の姿を重ねてしまうそうだ。

「乗り味は決して良くはなかったけど、ダートでも芝でも直線の伸び脚はすごかった。ワグネリアンの競馬を見ていると、あの末脚はブロードアピールに似ているなって思う」

 450キロと体はそう大きくないため、道悪になった前走(野路菊S=1着)は「馬場だけを心配した」そうだが、結果的には「全く影響はなかった」。良馬場でもタフな馬場でも変わらない末脚を生み出す源は、芝、ダートを問わずに鬼脚を繰り出した祖母のDNAにほかならない。

 栗東ウッドでの1週前追い切り(8日)は6ハロンから馬なりで83・1―38・6―12・2秒。古馬1600万下を追走して3馬身ほど先着。弾力あふれるフットワークで文句なしの動きだ。騎乗した主戦の福永は「少しかかるところはあったけど、体はできている。動き自体も良かった」。

 2戦2勝でその勝ちっぷりから評価は青天井だが、鞍上は周囲のはやる期待を抑えるように課題を挙げる。「まだ馬群に入れたことがないし、遠征競馬も今回が初めて。少しテンションが上がっているのがどう出るかというところはある」。それでも、こうした克服材料を持ち出すのも期待値が高いからこそ。

「小さいけど、悪い馬場も全然気にしないし、追ってからがいい。直線が長い東京1800メートルなら競馬はしやすい。ひるむような性格ではないから、モマれる形になったとしてもうまく対応してくれるんじゃないかと思っている」

 ここで東の大物ルーカスとの対決を制することになれば、それこそクラシック最有力候補の呼び声も。「来年は東京に行ったり来たりすると思うので、2歳時は無理をさせずに今年はこのレースがラスト。来年を占う意味でここでどんな競馬ができるか」と友道調教師は来年を見据える。

 吉か凶か…。陣営の感触から察するに、その占いの結果は最良のもの=大吉になりそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕! new
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!