• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【ローズS】「カイ食い良化」カワキタエンカに大駆けの可能性

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ローズS】「カイ食い良化」カワキタエンカに大駆けの可能性


【ローズS(日曜=17日、阪神芝外1800メートル=3着までに秋華賞優先出走権)栗東トレセン発秘話】あらゆる生物にとって食はすべての源だ。食がしっかりしていなければ頑丈な体もつくれないし、疲労からの回復も遅い。2014年の秋華賞を勝ったショウナンパンドラは3歳春まではきゃしゃなタイプだったが、夏を境にカイバ食いが旺盛になり、馬体が男馬のように変化していったそうだ。それがGI馬に上り詰めるために必要だったことは想像に難くない。

「中にはカイバを食べずに勝つような馬もいるんでしょうけど、だいたいGIを勝つような牝馬はしっかりとカイバを食べているものですからね」とは同馬を管理した高野調教師。

 例えば、牡馬相手に有馬記念を勝つなど、GIを4勝したダイワスカーレットは「カイバを牡馬勝りに食べながらも、目線は落とさずに周囲をチェックしていた。自分のテリトリーに入ってくるなと威圧するようなオーラがあった」と松田調教師は振り返る。

 上位3頭に10・15秋華賞の優先出走権が与えられる日曜のローズS。ショウナンパンドラのように、ひと夏を越してカイ食いが良好になり、心身ともに成長している馬がいれば、もちろん要注目だが…。今年、ファンディーナを送り出す前出の高野調教師は「春に比べれば、かなりカイ食いがしっかりしてきた」と言う一方で「夏が暑かったこともあり、立ち上げるのが少し遅れた」とも。春の詰まったローテから解放された今回、どんな走りをするかは大いに気になる。それでも、賞金を持っている事情も加味すれば、勝負はあくまで次のGIになるだろうか。

 カワキタエンカが面白い。この夏は「カイ食いが以前より良くなって、残さず食べるようになった」と竹下厩務員。そのおかげだろう。「前走(三面川特別=2着)は暑い新潟への遠征だったし、栗東に帰って体が減るかと思ったけど、ガレることもなく体はむしろ、ふっくら。使って確実に良くなった」

 2勝馬であくまで抽選対象だが、だからこそ出走がかなえば、3着以内に入らなければ本番がないという勝負駆けの状況でもある。しかも休み明けの有力馬に対して、ひと叩きした強みもある。

 後がない勝負に打って出るこの馬が強敵相手に大駆け…名手・横山典が鞍上という“一流のスパイス”も加味すれば、あり得ないストーリーではない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!