• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【北九州記念】今年も少数精鋭の滞在組が勝つ? 注目はダイアナヘイロー

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【北九州記念】今年も少数精鋭の滞在組が勝つ? 注目はダイアナヘイロー


目下3連勝のダイアナヘイロー

【北九州記念(日曜=20日、小倉芝1200メートル)栗東トレセン発秘話】かつて、夏の小倉開催は「滞在馬」で大いににぎわっていたという。

「今では考えられないだろうけど、馬場開場前にはコースの入り口に大勢の馬が集まって大混雑するような状況だったんだ。自分も夏になると大きな荷物をまとめて小倉入りして、多くの滞在馬の調教をつけたもんだよ」と騎手時代を懐かしむのは西園調教師だ。

 当時と今を思えば隔世の感がある。輸送手段の性能アップはもちろん、優先出走権、自ブロック制の導入ほか、開催日数の減少…様々な要因で「滞在馬」が減り、今では出走数で圧倒する「直前輸送馬」が大いに幅を利かせている。

 ただし、昨年のGIII北九州記念を制したバクシンテイオーのように、少数精鋭で時折“仕事”をするのが滞在馬だ。その理由について前出の西園調教師は「なんだかんだで、やっぱり(直前に)輸送がないのは大きいよ。馬運車の性能が上がったとはいっても、人間だって何回も新幹線で移動してたら、それがたとえグリーン車だったとしても疲れるだろ。それと同じこと」と解説する。

 今年の北九州記念の登録馬では連覇を狙うバクシンテイオーに加え、目下3連勝のダイアナヘイローが現地でじっくり調整中。さらにキングハートも11日に小倉入りした。昨年に続き滞在馬の活躍がありそうな布陣だ。

「もともと重賞(フィリーズレビュー=4着)でも見せ場をつくった馬だからね。だいぶ回り道をしてきたけど、ようやくいるべき舞台に戻ってきた感じかな。ここはチャンスだろうね」とはダイアナヘイローが在籍する福島厩舎のスポークスマン・福島勝助手。

 当開催2日目の1600万下・佐世保S(小倉芝1200メートル)を制した後は「小倉まで短期間で2回輸送が続くより、滞在の方が馬にとってはいいと思って。トレセンでも坂路だけじゃなく、トラックでも乗っていた馬だから、小倉での調整も問題ない」と現地に残って、このレースを狙い澄ましてきた。

 このダイアナヘイローが武豊を背に4連勝で初重賞タイトル奪取となれば、昨年のバクシンテイオーに続き、「滞在効果」にスポットが当たることになりそうだが、果たして結果はいかに!?

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!