• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【CBC賞】シャイニングレイ差し切り勝ち かつてのクラシック候補がスプリント戦で復活した理由

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【CBC賞】シャイニングレイ差し切り勝ち かつてのクラシック候補がスプリント戦で復活した理由


シャイニングレイ(手前)は上がり最速33秒2の鬼脚で2つ目の重賞をもぎ取った

 サマースプリントシリーズ第2戦のGIII・CBC賞(2日=中京芝1200メートル)は、2番人気のシャイニングレイ(牡5・高野)が豪快な差し切り勝ち。2歳時のGIIホープフルSに続く、2つ目の重賞制覇を飾ったが、その舞台は以前とまるで違うスプリント戦。2年もの長い休養を経験したクラシック候補が、この距離で開花した理由とは?

 

 マークした上がり3ハロンの数字は出走馬最速の33秒2。抜けてくる瞬間の速さが他馬とは大きく違った。

 

「もともとがスピードの勝る馬。伸び上がるようなスタートになってしまって位置取りは後ろになったんですが、最後はすごい脚を使ってくれました」と興奮気味に語った北村友。そのレース内容が完璧だったのかと言えば、そんなことはなく、注文通りのレース運びをした2着セカンドテーブルと比較すれば、シャイニングレイのそれはかなり粗っぽく見えた。ハナ差の重賞勝利は大きく賞金加算ができたという意味で価値はあるが、このレースぶりでGⅠを狙えるのかどうか――そんな疑問も湧いてくる。

 

 だが、レースを終えた陣営の感触は逆だった。好位からあっさりと抜け出した前走の安土城Sよりも「内容は良かった」と高野調教師。その真意はこうだ。

 

「位置取りやレース展開などを考えず、あくまでエネルギーの使い方という意味で考えれば、前回よりも今回のほうがいい競馬。前半を力まずに走れたことが最後の爆発的な伸びにつながった。3コーナー過ぎで行きたがるような面を見せましたが、あそこまで我慢できたことが収穫なんです」

 

 2歳時には2000メートルのホープフルSを勝ち、クラシック候補と呼ばれた。フィジカルの面だけで言えば、純然たるスプリンターではないかもしれない。しかし、競走馬は肉体面のみで走るものではなく、レースにおける精神面も重要。シャイニングレイが短距離路線へとかじを切ったのも、これが理由だ。

 

「短い距離のほうがレースもしやすいし、ストレスを感じずに馬が走れる。例えば今回は穏やかな状態で馬場入りすることができましたが、それも短距離を使っていることが大きいようです」

 

 屈腱炎で2年もの長期休養を強いられた馬。これ以降の夏競馬参戦には否定的だったが、秋の大舞台への参戦には前向きな姿勢を見せた同師。もともとの能力は折り紙付きの馬。精神面が充実してレース運びがさらに良化するなら――。粗く見えた今回の勝利も、進化の過程と考えることができそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!