• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【新種牡馬の正体】タートルボウル 社台サイドが豪語「直接大リーガーを連れてきた」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新種牡馬の正体】タートルボウル 社台サイドが豪語「直接大リーガーを連れてきた」


【新種牡馬の正体 2016:連載4】「二軍からの育成ではなく、直接大リーガーを連れてきました」

 

 社台スタリオンステーションの徳武氏はタートルボウルをこう評した。

 

 現役時代はジャンプラ賞優勝、イスパーン賞=2着など、欧州のマイル戦線で活躍。種牡馬となってからは、初年度産駒から仏2000ギニーを勝ったルカヤン、クリテリウムアンテルナシオナルのフレンチフィフティーンと2頭のGIウイナーを出している。日本でも、すでにシーハリケーン(阪神芝内1400メートル)、トリオンフ(函館芝1800メートル)の2頭が勝ち上がり。実績にたがわぬ好スタートを決めた。

 

「欧州のサイアーには少々“アレルギー”みたいなものがあると思いますが、この馬は産駒が実際に走ってからトレードに踏み切りました。だからリスクは少ない。あとは日本の競馬に適応するような配合ができれば」(徳武氏)

 

 父系はダイムダイヤモンド→ナイトシフト→ノーザンダンサーへとさかのぼる。日本ではなじみが薄いが、「一時、短距離系として栄えたし、今も細々と続いているライン。日本でもノーザンダンサー系は落ち着いてきたので配合しやすい」のも強みのひとつ。実際、2013年から116→89→86頭に交配。今年も100頭前後の繁殖牝馬に種付けしたように、安定した人気を誇っており、生まれてきた産駒の評判も上々だ。

 

「生産者は父をイメージして配合するもので、タートルボウルの場合はその通りの規格品ができる感じですかね。基本的にスピード系ですから、産駒はテンションが高めで気合が入りやすい。2歳戦向きだと思いますね」と徳武氏。

 

 気性の勝ったスピードタイプで仕上がりも早いとなれば、アベレージヒッターとして大いに期待できる。純然たるファーストクロップサイアーではないが、新種牡馬リーディングの“隠し玉”的存在となりそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!