• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【魔法のムチ「武邦彦の真実」12】豊が競馬学校に入学!古い時代の僕は引退を決意

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【魔法のムチ「武邦彦の真実」12】豊が競馬学校に入学!古い時代の僕は引退を決意


【連載12:魔法のムチ「武邦彦の真実」】昭和52(1977)年の有馬記念。レース後は充実感で満ちあふれていた。2着に負けた悔しさは全くなかった。トウショウボーイをねぎらい、テンポイントと鹿戸明君の勝利をたたえた。

 テンポイントとトウショウボーイは有馬記念の戦いだけに限れば1勝1敗。五分の結果に終わった。僕はこれで良かったんだと今でも思っている。トウショウボーイはテンポイントがいたから強くなれたし、テンポイントもトウショウボーイがいたから強くなれた。しのぎを削るライバルが存在したから、自分たちを磨くことができた。最後の戦いではお互いがすべてを出し尽くした。

 もう結果じゃなかった。勝ち負けを超越した戦いだったように思う。だからこそ、2度目の有馬では負けたけどすがすがしい気分だった。

 あの激闘から7年後の昭和60(1985)年2月、僕はムチを置いた。

 通算1163勝。

 今と違って僕が新人だった時代はレース数が少ないし、出走数も極端に少なかった(注)。それに交通機関も発達してなかった。だから、小倉へ行けばずっと小倉でしか騎乗できない。今のように土曜は札幌、日曜は阪神なんてことはできなかった。それを考えれば豊(武豊)の3000勝にも匹敵する数字じゃないかな(笑い)。

 ちなみに29年間のジョッキー人生で一度もリーディング1位を取れなかったけど、実は幻のトップがあったんだ。昭和44(1969)年に79勝を挙げたんだけど最後の最後で失格してしまった。当時は一度でも制裁を食らうとそれで権利を失う。関西エリアでのリーディングだったけど、あの時は悔しかったね。

 勝負の世界には潮時がある。僕が引退を決める頃には河内洋が活躍し始めていた。僕らのようなベテランがいつまでもいると上が詰まってしまう。下から上がってくるこれからのジョッキーたちのためにも引退しよう。そう決断した。

 引退にはもうひとつ理由があった。昭和59(1984)年には豊が競馬学校に入学していた。自分の息子が競馬の世界に入る。親子で対決するのも恥ずかしいし、競馬界にも新しい時代がやってくる。そんな予感があった。だから古い時代の僕は引退した。予想通り新しい時代がやってきた。バブル景気とともにJRAは売り上げを伸ばし、競馬本体も変わった。女性ファンが競馬場へ足を運ぶようになった。そんな時代の変わり目に騎手デビューした豊だけど、実はこの世に存在しなかったかもしれないんだ。

※注=“武邦彦騎手”がデビューした1957年、中央競馬のレースに出走した馬の数は1467頭。対して2009年は1万982頭だった。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で開幕中!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!