• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【ドバイシーマクラシック】ドゥラメンテの“ライバル”ポストポンドの強さは本物か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ドバイシーマクラシック】ドゥラメンテの“ライバル”ポストポンドの強さは本物か


【UAE・ドバイ24日発】決戦を2日後(土曜・26日=日本時間同日深夜)に控えた“日本軍団”10頭。この日はUAEダービー(ダート1900メートル)出走のラニがダートコースでキャンターを行った以外は、検疫センター内の運動や角馬場での微調整に終始した。

 前日(23日)は追い切り後に騎乗者と乗り替わり、ゲート練習を確認したドゥラメンテ(ドバイシーマクラシック=芝2410メートル)のM・デムーロ。総勢10頭の日本馬でも最注目の存在だが、現地でのパートナーの感触について「追い切りに(自分が)乗ったらテンションが上がってしまうので(騎乗しなかった)。ゲート内では馬もおとなしくて問題なかった」と語ったが、気になるライバルについても言及。「ポストポンドは(現地で)キャンターを見たけどすごい。ビッグライバルだ。前走楽勝でジェンティルドンナ(の一昨年ドバイシーマクラシック)と同じような時計だからね。でも、ドゥラメンテはすごく強いので自信を持って乗りたい」

 そのポストポンドに騎乗するアッゼニとは大の仲良し。「(砂よけの)ゴーグルは持ってきたか、(ドゥラメンテは)雨は得意かといろいろうるさかった(笑い)。ビッグレースを2人で1、2着したことは今までないけど、彼もすごく自信を持っている」と警戒した。

 果たして現地でのGIIシティオブゴールドを3馬身差で圧勝したライバルの強さは本物か? 英国の競馬専門紙レーシングポストのデビッド・ミルネス記者に聞くと「前哨戦を80~90%(の力)で勝ったように英国では一番強い馬。先行馬が速いペースで行く中であのパフォーマンス。柔軟にどんなペースでも対応できる」と絶賛。同馬を管理するヴェリアン調教師は英GIセントレジャーを制するなど英競馬界の新鋭で、妻はゴドルフィン(ドバイ王族マクトゥーム家の競走馬管理団体)で働く日本人。「ドゥラメンテはリスペクトしているが、ポストポンドも食事をしっかり取って肌の色が良く非常にいい状態」と一歩も引かない構えだ。

 24日の朝食会では所有馬3頭を出走させる“ノースヒルズ軍団”の総帥・前田幸治氏が「3頭とも無事に走ることが一番」としたうえで壮大なプランを語った。「ラニは2着までに入ったらケンタッキーダービーに行く。ベルカントはアグネスワールドが勝ったイギリスの直線競馬(GIジュライC)に行きたい。ワンアンドオンリーは凱旋門賞。“そこにレースがあるから”行くだけ。20年、30年前とは違って世界は狭い」

 その3頭に騎乗する武豊は「特にラニはチャンスがあると思う。今まで能力を全部出せていないけど、出せれば勝てると思っている。(名古屋大賞典を圧勝した半兄)アウォーディーとタイプは全然違うが(同じ重賞ウイナーの姉アムールブルエを含め)ポテンシャルは一番」と力をこめた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!