• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > サトノダイヤモンド、ハートレー…現3歳世代「ディープ産駒」躍進の秘密

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サトノダイヤモンド、ハートレー…現3歳世代「ディープ産駒」躍進の秘密


共同通信杯から皐月賞を目指すハートレー(手前)

【美浦トレセン秘話】「あの馬は間違いなく本物ですね。いや~、少なくともアレと当たるまで負けたくないなぁ」

 

 週明けの美浦で手塚厩舎のヤジーこと矢嶋大樹助手が珍しくライバル心をのぞかせた。普段は他厩舎の動向には無頓着なのだが、その彼とて触発されずにはいられない馬。それが先週きさらぎ賞を制したサトノダイヤモンドだ。強烈だったのはステッキ一発で3馬身半突き抜けたラスト1ハロン。平坦京都とはいえ、余裕を持って11秒3で上がる馬が果たしてどれだけいるのか。その決め手はまさに父ディープインパクト譲りである。

 

 一方、共同通信杯から皐月賞を目指すハートレーも、父を同じくする募集価格1億円のディープ産駒。値段(サトノダイヤモンド=2億4150万円)こそかなわないが、新馬勝ち直行のGII制覇は見劣りしない戦歴だ。「天栄から美浦に戻るたび馬は良くなってます。前回も柔らかみが出て驚いたけど、今回は柔らかさが増すと同時にパワーアップ。これからネジを巻けば相当に切れる馬になる。そんな感触もあるんです」とは持ち乗りの中條亮英助手。サトノ同様にここを通過点とできるか。ヤジーの心境は別にしても、今週の注目はその一点だ。

 

 さて、その両馬の比較は後々に回すとして、今回は現3歳世代のディープ産駒躍進の秘密に迫りたい。

 

 思い起こせば昨年2冠馬ドゥラメンテはキンカメ産駒、一昨年ダービー馬ワンアンドオンリーはハーツクライ産駒。2012、13年ダービー(ディープブリランテ、キズナ)こそ制したが、初年度産駒がステイゴールド産駒オルフェーヴルに屈して以降、古馬王者に君臨する牡馬を出せずにきたのが種牡馬ディープの最大の悩みであった。だが、今年はどうしたことか。サトノダイヤモンドを筆頭にスター候補がズラリ。ボージョレ・ヌーボーではないが史上最高の豊作たる出来栄えである。

 

「ディープも6世代目。生産から育成の段階で、ようやく正解の形が出たと見るのが自然だろう。“一番馬は走らない”とも言われるが、競走馬の購買をギャンブルにしない、価格に見合う商品を提供するノウハウが生まれつつあるのでは」

 

 こう語ったのは美浦のご意見番こと国枝栄調教師。確かにディープの父サンデーサイレンスも、キャリアを重ねるごとに種牡馬としてスケールアップを果たし、収得賞金のピークは12年目(2005年=93億円超)。ならば今年が真の“ディープ元年”となる可能性は十分か。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!