• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > ジェンティルドンナ 初年度の交配相手はキングカメハメハ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェンティルドンナ 初年度の交配相手はキングカメハメハ


年度代表馬に輝いたジェンティルドンナの関係者

【JRA賞授賞式】2014年度のJRA賞授賞式および受賞記念パーティーが26日、東京都港区の「ザ・プリンス パークタワー東京」で開催された。

 この日の主役は引退レースのGI有馬記念を劇的Vで飾り、最優秀4歳以上牝馬と、12年度に続いて2度目の年度代表馬に輝いたジェンティルドンナ(石坂)。注目された初年度の交配相手がキングカメハメハに決まったことが、ノーザンファームの吉田勝己代表から発表された。

 有馬記念後はハービンジャーも候補に挙がっていたが「ジェンティルは長い距離が得意だったので、ハービンジャーで長い(距離が得意)同士になるのは避けたかった。初子だといろいろな危険も伴うし、より実績のあるキングカメハメハで。血を残したいので、できれば牝馬を望みたい」。

 早ければ2月下旬にも種付けが行われ、産駒はジェンティルドンナと同じサンデーレーシングの勝負服で走る予定だ。

 また昨年の最優秀3歳牝馬ハープスター(松田博)は、GIドバイシーマクラシック(3月28日=メイダン競馬場、芝2410メートル)にライアン・ムーア騎手とのコンビで参戦することが明らかになった。「ムーアの方から(ドバイで)乗りたいと依頼があった」と吉田勝己代表。同騎手は昨年、ジェンティルドンナで同レースを制しており、勝てば日本馬での連覇達成となる。

 ハープスターは、すでに栗東トレセンに入厩済み。川田を鞍上にGII京都記念(2月15日=京都芝外2200メートル)で始動し、ドバイへ向かう。なお秋以降のローテについては「去年の凱旋門賞参戦(6着)は3歳牝馬で斤量の恩恵が大きかった。今年の遠征に関しては未定です」と否定的な見解を示した。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!