• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 小説「競馬サラリーマン きたさん物語」第10話~園田から笠松へ~

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小説「競馬サラリーマン きたさん物語」第10話~園田から笠松へ~


 友美・尋美姉妹は、園田競馬場のBGMを聴くのが大好きだ。締め切り前には「マイ・フェア・レディ劇中歌」や「夏の日の恋」、本馬場入場の際には「威風堂々」「ラデツキー行進曲」などが流れている。

「こんなん、気の利いた競馬場、探してもどこにもないで。おっちゃんたちからも、えらい評判や」と口を揃える。

 

 姉妹2人は出勤を控えていたので、心残りではあったけれど、私たちも2レースを残して競馬場を後にした。私は収支が少しへこんだが、他の3人は手堅くプラスで終えることができた。

 園田駅に向かう途中の、揚げ物が人気の居酒屋に入り軽く反省会を行ったが、ほどなく姉妹は名残惜しそうに再会を約束し途中で席を立って行った。

 きたさんと私は飲み直して、梅田行きの最終電車に乗り、駅近くのビジネスホテルを目指した。

 

 翌日、私たちは姉の友美さんから勧められた笠松競馬場に向かっていた。何でも強い馬と腕の立つ騎手が揃っているので、見応えのあるレースが期待できるという。

 私たちはホテルを9時過ぎに出て新幹線で新大阪から岐阜羽島を経由して、名鉄羽島線上りの電車に乗り、笠松駅で下車、徒歩5~6分で競馬場に着いた。

 時計の針は11時を指していたが、第1レースには十分に間に合う。入場門を通って真っすぐ歩いて行くと走路に出た。そこで、目に飛び込んできたのが、畑とパドックらしきものだった。

 きたさんに尋ねると、「らしきものじゃなく、あれは畑とパドックだ」と教えられた。

「でもどうして、畑とパドックがこんなところに…」と不思議に思っている間もなく、第1レースに出走する競走馬が北東側1、2コーナー中間にある厩舎方面の出入り口付近から走路を横切って、くだんのパドックで周回し始めた。

 しばらくして、マイクロバスがパドック脇に止まるや否や、勝負服を着た騎手がゾロゾロと降りてきた。整列、一礼して騎乗し、誘導馬の後について行って走路に入場してきた。この間、パドック解説の実況が場内に流れている。走路とスタンドとの間には、外ラチに合わせた丈の低いフェンスが隔たっているだけで、返し馬の砂が今にも飛んできそうな近さだ。

 きたさんと私は第1レースの馬券を買って少し早めの昼食をすることにした。前日、妹の尋美さんから「笠松の焼きソバと味噌串カツが、ごっつうおいしいさかいな」と聞いていたので、店に入ると迷わず注文した。

 間もなくすると、厨房からエプロン姿でTシャツとジーンズをはいた背の高い女性が、焼きソバと味噌串カツを別々のお皿で山盛りに持って出てきた。

 

「やっぱり、きたさんやん…。少し会わんかったけど、ちーとも変わっとらんわね! 今日はゆっくりしていけるんやろ?」と、親しげに語りかけてきた。

「なに、名古屋まで用事ができてなぁ…。あぁ、こいつは…」と言って私を紹介してくれた。

「紀子よ」と会釈され、「今日は8月開催の5日目でお客さんらの鼻息も、えらいきつーなっとるんわね」と教えてくれた。

「紀ちゃん、今節の成績はどうだい?」ときたさん。

「まずまずやけど、最近、狙ったレース、いかんよ」

「へぇ、紀ちゃんも狙ったレースを外すこともあるんだ」

「あんたと離れてから、運もツキも離れちゃったんやて」

 

(続く)

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!