• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【日経新春杯】ルックトゥワイス 最も輝ける条件でいきなり重賞取りだ!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【日経新春杯】ルックトゥワイス 最も輝ける条件でいきなり重賞取りだ!


最終追い切りでパワフルな動きを見せたルックトゥワイス

【日経新春杯(日曜=13日、京都芝外2400メートル)】重賞が連日組まれている3日間競馬の中日メインはGII日経新春杯。2011年ルーラーシップ、17年ミッキーロケットなど、のちのビッグネームが勝ち馬に名を連ねる一戦で、新VU作戦の明石尚典記者が狙うのはルックトゥワイス。現在の馬場状態、走破ラップ、舞台適性など綿密に精査しての結論だ。

 19年開幕週の開催が終了。まずはその2日間から見えてきた馬場レベルを整理しておきたい。中山金杯Vタイム=10ハロン1分59秒2、古馬1000万下=8ハロン1分32秒8、3歳オープン・ジュニアC=8ハロン1分33秒8と速い時計の決着が目立った中山に対して、京都金杯=8ハロン1分34秒9、古馬1000万下=6ハロン1分08秒8、シンザン記念=8ハロン1分35秒7と京都は低速決着のオンパレードだった。

 雨に泣かされた前年秋のダメージが残った昨年を下回る馬場レベルとなれば、従来の京都のイメージとはかけ離れたタフなラップを刻む可能性が大。瞬発力よりも持久力重視のスタンスが吉と出そうだ。

 当欄の本命はズバリ、ルックトゥワイス。オープン入りを決めた前走・グレイトフルSのVタイムが中山12・5ハロン2分32秒7。多少の馬場差はあれど、翌日のグランプリ・有馬記念にコンマ5秒差なら上々の走破時計と言えよう。

 後半8ハロンのレースラップを2ハロンごとに4分割すると、25秒4→23秒8→23秒6→25秒1の有馬記念に対して、グレイトフルSは25秒1→24秒0→24秒0→24秒5。合計1分37秒6と有馬記念(1分37秒9)を上回ったうえに、直線急坂の中山でラスト2→1ハロンの落差がわずかに0秒3(12秒1→12秒4)。有馬記念Vのブラストワンピース(35秒7)と遜色のない自身上がり(35秒9)を叩き出しての3馬身差圧勝劇は、額面以上の価値を持つと断言できる。

 左回りから矛先を変えて、キャリア初の右回りで見せつけたハイパフォーマンス。自らが最も輝ける場所(条件)を見つけた今のルックトゥワイスなら、いきなり重賞タイトルを手にするシーンがあっても不思議はない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!