• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【秋華賞】アーモンドアイ国枝調教師「アパパネが俺には最後の女~」ではなかった

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【秋華賞】アーモンドアイ国枝調教師「アパパネが俺には最後の女~」ではなかった


秋華賞優勝時のアパパネと国枝調教師(右)

【平松さとしの重賞サロン】牝馬3冠をかけ、アーモンドアイが今週末の秋華賞(日曜=14日、京都芝内2000メートル)に出走する。

 過去の牝馬3冠馬はメジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナの計4頭。そのうち2010年に3冠馬となったアパパネは、アーモンドアイと同じ国枝栄調教師が管理していた。国枝師は同馬を回顧して語る。

「アパパネは牝馬3冠の他に阪神JFとヴィクトリアマイルも勝ち、GIを5勝したわけですけど、重賞勝ちそのものがその5つ。GIIやGIIIは勝っていません。走るべきところをよく分かっている馬でした」

 初代牝馬3冠のメジロラモーヌが3冠レースばかりでなく、トライアルも全て優勝した時も話題になったが、アパパネは全く逆。チューリップ賞やローズSといった前哨戦はことごとく敗れていた。それでも3つのGIをコンプリートすると、当時、一緒にカラオケへ行った指揮官は「みちのくひとり旅」の歌詞を替えて「アパパネが俺には最後の女~♪」と歌ったものだ。

 あれから8年。しかし師にとってアパパネが“最後の女”ではなかったと思わせる馬=アーモンドアイが現れた。アパパネの時とは一転、桜花賞前はシンザン記念優勝だったし、今回の秋華賞はぶっつけで挑む。3冠馬の育て方を知っている数少ない男が、全く違う臨戦過程を選択したところに矜持とチャレンジ精神を感じさせる。

 そういえばアパパネのオークスは1着同着で、口さがない人からは「2・5冠馬」などと言われたものだ。アーモンドアイはスッキリ勝利して気持ちよく3冠馬となれるだろうか。まさか今度は秋華賞で1着同着なんてことは…ないだろう。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!