• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【凱旋門賞】“持ってる馬”クリンチャーの激変に期待

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【凱旋門賞】“持ってる馬”クリンチャーの激変に期待


意外性のあるクリンチャー

【凱旋門賞(日本時間7日=パリ・ロンシャン競馬場、芝2400メートル)特別連載:ローカルウルフ難波田がロンシャンで吼える(1)】台風24号の影響で出国すら危ぶまれる状況だったが、関西国際空港の滑走路閉鎖前に何とか出発がかない、無事フランスの地に降り立つことができた。1週間腰を据えての現地滞在。しっかりと取材して、予想を含めた成果を出したい。

 仏GI凱旋門賞で世界の頂点を目指す我らがクリンチャー(牡4・宮本)は、前哨戦のフォワ賞でまさかの最下位6着に敗れたものの、日曜(9月30日)には滞在先のシャンティイ競馬場のエーグル調教場ダートコースで15―15の調整を行い、活気ある姿を見せるなど、反動はなく、調整は順調そのものだ。

「フォワ賞のときよりも体の線がシャープになった。1回使ったことで馬が違ってきましたね。前走時は直前の調教も軽めになって、少し体にも余裕がありました。最終追い切りは同じエーグル調教場のダートを単走で目一杯に行います。新馬(12着)後の未勝利(1着)、セントライト記念(9着)後の菊花賞(2着)…ともに惨敗した後に変わってくれた“持ってる馬”ですからね」と宮本調教師は本番での激変に期待を寄せている。

 そのフォワ賞は天皇賞・春3着以来の久々の実戦が影響したのか、前半から力む面が見られたにしても…。ラスト300メートルで失速。誰の目にも世界の壁は厚い印象を与えてしまった。新装されたパリロンシャン競馬場は馬場が硬く、高速決着仕様。クリンチャーのような持久力に秀でたタイプ向きではない。不良馬場で行われた菊花賞ほどではないにしても、スタミナ、底力を問われる競馬になることが好走の絶対条件。その意味ではレース前日の予報が悪化してきたのは吉兆となろうか。

 とはいえ、昨年の覇者エネイブルに、ヨークシャーオークスを制したシーオブクラス。「牝馬2強」を筆頭とした世界の強豪相手にどこまで抵抗できるのか。伏兵の域を出ないのが現地の評価だが…。振り返れば、京都記念で昨年の皐月賞馬アルアイン&ダービー馬レイデオロをまとめて負かしたりと、これまで何度も人気薄で激走してきたクリンチャーの意外性に希望を持ちつつ、取材を続けていきたい。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!