• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 阪神JFもズバリ!「GIはアンカツに聞け!!」次回は20日(木曜)発行紙面で「有馬記念」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神JFもズバリ!「GIはアンカツに聞け!!」次回は20日(木曜)発行紙面で「有馬記念」


安藤勝己元ジョッキー

 過去5年間〝神指南〟を連発してきた安藤勝己元ジョッキーの本紙連載大好評コラム「GIはアンカツに聞け!!」は6年目に突入した今年前半戦も絶好調!

 JRA・GI開幕戦となった〝上半期のダート王決定戦〟「フェブラリーS」を3年連続で仕留めると、大阪杯は1〜3着をズバリ。さらに牝馬クラシック第1弾「桜花賞」と古馬長距離王決定戦「天皇賞・春」が1〜2着、牝馬クラシック第2弾「オークス」は再び1〜3着ズバリのパーフェクト指南。〝夏のグランプリ〟「宝塚記念」も1〜2着できっちりと決めました。

 牝馬3冠最終戦「秋華賞」は「休み明け? 京都内回り? 目標はJC? そんなもん重箱の隅をつつくようなもんや。アタマは堅い」と評したアーモンドアイが1着。押さえとして挙げたミッキーチャームが2着、カンタービレは3着に入りました。

 国際レースの最強馬決定戦「ジャパンカップ」は「絶対能力の高さに斤量53キロの恩恵…かなり堅い本命馬や」と頭に指名したアーモンドアイが1着。「かからんで折り合えたら」の条件付きで相手候補に挙げたキセキが2着。「押さえ」として名前を挙げたスワーヴリチャードが3着というパーフェクト指南でした。

 2歳女王決定戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」は「現時点での完成度は相当なもんやし、ここでも崩れることはまずないと踏んどる」と軸に推奨したダノンファンタジーが優勝。「無傷で連勝中…怖い存在やな。ヘタなレースはせんと思うで」としたクロノジェネシスが2着。「アルテミスS(2着)は『負けて強し』。まだまだ伸びシロも十分や」と相手筆頭に挙げたビーチサンバが3着とズバリ。

 さすが地方&中央のダブルで1000勝以上という前人未到の記録を残すとともに、中央移籍後の10年間でJRA・GI制覇15レースで計22勝という希代の名手です。

 独自の視点でGIレースのポイント、注目馬に迫る「GIはアンカツに聞け!!」次回のターゲットは平成最後のグランプリレース「第63回有馬記念」(23日=日曜、中山芝内2500メートル)。2008年にダイワスカーレットで制したアンカツの最終結論は20日(木曜)発行紙面(九スポは21日)に掲載しますので、ご期待ください。

 競馬業界一?のまめな更新にフォロワーは競馬ジャンルトップの18万6700超。安藤勝己のツイッター(@andokatsumi)も要チェック!!

 

 

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!