• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > オジュウチョウサンに何が起こったのか…出走回避の真相に迫る

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オジュウチョウサンに何が起こったのか…出走回避の真相に迫る


オジュウチョウサンのことは石神が誰よりも知っている

【トレセン発秘話】異色のスターホース・オジュウチョウサンが次週の九十九里特別で平地2勝目へ――。と、ややベタな冒頭文を考えていた矢先、管理する和田郎調教師から「出走回避」の発表があった。「左トモの違和感のため大事を取って」がその理由だ。

 実はこの発表が出た水曜の午前中は、平地連勝の可能性を探るべく、ある男を取材するつもりだった。3年間タッグを組んで障害レースで伝説を築き、平地転向とともに主戦を降りた後も、毎日のようにオジュウに調教をつける石神深一ジョッキーだ。突然の回避で状況は一変したが、記者はむしろ石神に会いたくなった。競馬ファンの夢を背負うオジュウチョウサンは大丈夫なのか? 有馬記念には間に合うのか? 調教後の石神にアポイントを取り、事の経緯を詳しく聞いた。

「実は1週前の時点で感じが良くなかったんです。8月下旬に放牧から帰ってきたときはいつもと変わらず“4週間あれば仕上がる”と思っていましたが、調教を積むごとに良くなるはずの馬が、調教するごとに力が入らなくなる。どこが痛いとかではなく、力が抜ける感じ。1週前でこんなにリズムが上がらないのは、3年間一緒にやってきて初めてでした」

 すぐに「やめた方がいいのでは」と提案。和田郎師も歩様に異変を感じており、すんなりと回避が決まった。とはいえ、有馬記念へ向け、さあ、ここから!という時だけに、やめる勇気もいる。それでも石神は「ごまかしながら使えないことはないですが、注目度も高いですし、こんな中途半端な状態では絶対に出しちゃいけない馬」と、自らの“分身”の無事を優先させたのだ。

 単なる違和感ならいざ知らず、石神が「3年間で初めて」という状況は引っかかる。原因について石神は「ハッキリとは分かりませんが」と前置きした上でこう語った。

「まず年齢的なものではないです。今も元気ですし、いい意味で悪さもしますから。もしかすると調教の流れが変わったことが原因かもしれません。実は平地挑戦の後から一度も障害の練習をしていないんですよ」

 オジュウは石神とタッグを組んでから3年間、同じ日課を繰り返した。「水曜に追い切り、木曜は楽なメニュー、金曜に障害を飛ぶ」。この鉄板ルーティンが崩れたことで何かしらの狂いが生じたのではないか?

「オジュウは障害の練習をしながら体をつくってきました。いつも使っていた筋肉を使わなくなって硬さが出てしまい、バランスが崩れたのでしょうか…」

 もちろん、この“仮説”は石神も半信半疑だ。また障害の練習ができなくなったのは、あくまで石神とオジュウの日程の都合。「平地挑戦後も障害の練習を続けるつもりでしたが、僕がケガをしたり、他の馬との兼ね合いで行けなかったり…」と石神は説明する。いずれにせよ「金曜の変化」がカギを握る可能性が高い。

 有馬記念を目標に掲げるオーナーやファンの盛り上がりに水を差すつもりはない。ただ、記者にはどうしてもオジュウチョウサンが「オレは障害を走りたいんだ」と必死に訴えている気がしてならない。果たして今回の〝違和感〟がそのメッセージなのか。オジュウが年末、有馬記念と中山大障害のどちらを走っているかがその答えとなる。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!