• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【エルムS】6歳にして初の北海道参戦ブラゾンドゥリスに「Wの幸運」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【エルムS】6歳にして初の北海道参戦ブラゾンドゥリスに「Wの幸運」


好調をアピールする?ブラゾンドゥリス

【エルムS(日曜=12日、札幌ダート1700メートル)得ダネ情報】過去10年で1番人気はわずか3連対。GIIIエルムSを難解にしているのが施行時期や独特なコース形態とするなら…。キャリア29戦目にして初めて夏の北海道シリーズに参戦してきたブラゾンドゥリスは実に気になる存在だ。あえて未知の舞台に出走を決めた陣営の狙いとは果たして!?

 2歳暮れにデビューしてから6歳夏を迎えたここまで、ブラゾンドゥリスは3度の夏競馬を経験しているものの、8月の盛夏にレースに出走したことは一度もない。「夏場がどうしても苦手。6~7月くらいになると、その兆候が出てくる」と尾形調教師は常々、頭を悩ませており、昨年は早々と5月下旬の欅S(6着)を最後に秋に備えるローテーションを選択したほどだ。

 一方で出走枠の問題も介在する。上位の賞金を持ち得ていないブラゾンドゥリスは狙ったレースに簡単に出走できる状況になく、適性を見ながら、賞金的に使えるレースを選んでいくしかないのだ。

 フルゲート(14頭)ギリギリの登録で収まったこと、さらには涼しい北海道のレース。今回のエルムS出走は、ブラゾンドゥリスにとって「2つの幸運」が重なった結果とも言える。

 他陣営の動向から出走可能と判断し、3日に函館競馬場入り。しかも、このあたりを境に気温が低下し、朝晩は肌寒いほどになったのもまた幸運と言えようか。

「美浦にいる時はバテバテで正直、ダメかなって思ってました。それが函館に来たらこの涼しさ。全然違うというか、急に元気になった感じですね。外気が暑いと普段から息がフーフーするくらいなんだけど、こっちではまったくそんなことがないんです」とは担当の谷口調教厩務員だ。

 8月の競馬が初めてなら、札幌も初コース。ただし、いわゆる小回り1700メートルの舞台は過去2、1、2、4着と抜群の安定感を見せている。

「本来はもう少し短い方がいいのかもしれないけど、小回りだし先行できれば問題なくこなせるんだよね。以前ほどモマれ弱いところを見せなくなっているのも大きい」

 要は苦手の暑ささえ避けられる状況なら「勝機あり」と判断しての参戦。決してノーマークにできる馬ではない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!