• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【エルムS】“走る時”が分かりやすいリーゼントロック

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【エルムS】“走る時”が分かりやすいリーゼントロック


頼もしげな表情でリーゼントロックを見つめる“ハマの番長”三浦オーナー

【エルムS(日曜=12日、札幌ダート1700メートル)美浦トレセン発秘話】昨日の当欄で栗東・高岡記者がDr.コパこと、小林祥晃オーナーの馬運の強さに触れていたが、今週札幌のGIIIエルムSにリーゼントロックを送り出す“ハマの番長”こと、三浦大輔オーナーもなかなかの馬運の持ち主ではなかろうか。実は先週の札幌(芝千二)でも、同オーナーが所有するリーゼントアイリスが11番人気(単オッズ74・3倍)で3歳未勝利V。大穴をあける出来事があった。

「聞けばオーナーは馬券でも相当に儲かったらしいです。せっかく取材してもらったのに、こっちは強く推せなくてすみません」とは岡勇策助手。とはいえダメなのは脈あり話を聞きながらも◎を打ち切れなかった記者(印は▲)。これが“強運番長”との大きな差なのかと、火曜(7日)朝からすっかり落ち込んだ。

 さて今週のリーゼントロックだが、岡助手に言わせれば「リーゼントアイリスに比べて極めて分かりやすいタイプ」とのこと。むろん、馬券の取捨の話だ。

「もともと後肢に弱点があって、トモの状態が良くない時はまったく走れない。逆にトモの具合が良ければおのずと結果が伴うタイプです。その意味で大沼S(1着)は納得の走りだったし、マリーンS(3着)は若干疲れがあった分ですね」

 とはいえ前走のマリーンSは4角10番手から最速上がり(37秒6)を駆使して3着。これまで先行粘り込みを身上とした同馬が新境地を示したのだから、収穫大の一戦と言えよう。

「今回はトモの具合も上がってきたし、京都千八で1分49秒5の走破時計があるように、意外に時計対応も利くタイプ。まだ少し太いけど自分で体をつくるから、競馬の幅が出たことが生きるようなら面白いですね」

 昨年エルムSは13着大敗を喫したが、どうやら今年の“番長号”は軽く扱えないムードである。

 一方、矢作厩舎の2頭出しのもう一頭ドリームキラリに関しても「前走のプロキオンS(6着)は自分の形じゃなくても崩れず頑張った。以前に比べて二の脚がつくようになったのも、近走の安定感につながっていますね。それだけ馬がしっかりしてきたということでしょう」と同助手。「内心ワンツーを狙っていた」という今春の中山・総武Sは2、4着の結果に終わったが…。北の大地で陣営の野心がぶり返しているのは間違いない」

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!