• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【英GIエクリプスS】2着サクソンウォリアー 名伯楽の選択はマイルか中距離か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【英GIエクリプスS】2着サクソンウォリアー 名伯楽の選択はマイルか中距離か


【TPC秋山響の海外競馬解析】連闘策は実らなかったが、実力は十分示した。

 7日、英サンダウン競馬場で行われたGIエクリプスS(芝9ハロン209ヤード)にGI愛ダービー3着からの連闘で出走した、日本生まれのディープインパクト産駒サクソンウォリアーはクビ差の2着に終わった。

 愛ダービーの後、管理するA・オブライエン調教師は距離短縮の意向を示し、8月のGI英インターナショナルSを次走候補に挙げていたが、レース後の状態が良かったことから、急きょ連闘での中距離GI参戦を決定。

 レースでは3番手を追走し、直線で早めに先頭に立つ見せ場十分の内容だったが、最後にGIIダンテSの勝ち馬ロアリングライオン(牡3=父キトゥンズジョイ)に外からかわされた。ゴール前ではロアリングライオンに何度かぶつけられており、約15分にも及ぶ審議になったが、結局、入線通りの確定となった。

 ただ、敗れたとはいえ、今回は絶好の目標にされた展開。当日の乾いた馬場も、大きくパワフルな馬体から繰り出す持続的なスピードを武器にするサクソンウォリアーより、コンパクトで素軽く切れ味に秀でる勝ち馬に味方した印象。これで2勝2敗となった対戦成績(サクソンウォリアーから見て、GIレーシングポストトロフィー=1着→2着、GI英2000ギニー=1着→5着、GI英ダービー=4着→3着)を考えても、勝負付けが済んだとは言えないだろう。

 レース後、オブライエン調教師からマイルに戻ることも選択肢とされたサクソンウォリアーだが、中距離でこれだけの走りを見せたことに加え、種牡馬としての価値を考えても、中距離GIのタイトルはぜひ欲しいところ。その動向が注目される。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!