• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【バーデンバーデンC】千二のスぺシャリスト厩舎が送り出すゴールドクイーンを警戒

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【バーデンバーデンC】千二のスぺシャリスト厩舎が送り出すゴールドクイーンを警戒


初の古馬相手でも勝算十分のゴールドクイーン

【バーデンバーデンC(日曜=15日、福島芝1200メートル)栗東トレセン発秘話】栗東でスプリント戦に強い厩舎といえば、真っ先に名前が挙がるのはロードカナロア、カレンチャンなどを育て上げた安田隆厩舎だろう。では次に挙がるのは?

「ウチちゃうか。1200メートルになったら、ウチの厩舎は結構強いで」

 自らアピールしてきたのは坂口正厩舎の榊厩務員。さっそく芝の主要根幹距離での厩舎成績(過去10年)をチェックしてみたところ、その言葉に思わず納得。1200メートルでの勝ち鞍が文字通り、飛び抜けていた(芝1200メートル=52勝、芝1600メートル、芝2000メートル=14勝、芝2400メートル=2勝)。

「1200メートルでよく勝っているっていうよりは…ほかの距離で勝てないだけや(笑い)」

 指揮官の坂口正調教師には自虐ネタかのごとくかわされてしまったが、今年の新設重賞の葵Sもきっちり勝っている坂口正厩舎は、スプリント戦ではやはり侮れない。

 日曜福島メイン「バーデンバーデンC」には、その葵Sの覇者ゴールドクイーンが転戦してくる。引き続き警戒が必要なのは言うまでもあるまい。

「当初は中京のCBC賞に行くプランもあったんだけどね。相手が強いし、同じハンデ戦なら、福島のオープン特別の方がいいだろうってことになって」(榊厩務員)

 1週前追い切り(4日)では坂路で自己ベストを2秒以上更新する4ハロン49・1―12・3秒の猛時計をマーク。ここに向けての“熱量”が伝わってくる調整過程だ。

「新馬のころと比べて馬力をつけたよね。以前は暴れても楽に抑えることができたけど、今は大変だもの。右回りで小回りの1200メートルはこの馬にとってベスト。重賞(CBC賞)から逃げてここを使うわけだし、なんとか結果を出さないとね」(榊厩務員)

 3歳の牝馬だけに、ハンデは51キロの恵量。坂口正厩舎にまたしてもスプリント戦の勝ち鞍が増えることになりそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!