• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【関東オークス】6番人気ハービンマオが重賞初V

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【関東オークス】6番人気ハービンマオが重賞初V


関東オークスで重賞初挑戦Vを飾ったハービンマオ

 13日、川崎競馬場で行われた南関東3歳牝馬3冠の最終戦・交流GII「関東オークス」(ダート2100メートル)はゴール前で突き抜けた6番人気のJRAハービンマオ(中舘)が重賞初挑戦V。なお、単勝1・8倍のJRAララプリムヴェールは6着に沈んだ。勝ち時計は2分17秒6(稍重)。

 コンビ5度目の松岡は「ずっと乗っている馬で結果を出せてうれしい。ペースが速かったが、向正面で追いついたので、捕らえられると思った。距離は持つし、いい脚を使える」と会心の笑みを浮かべた。

★2着ゴールドパテック(川崎)=山崎誠騎手「具合がすごく良かった。ゲートもよく出てくれたし、流れていたのでついていった。手応え抜群で勝ったと思ったが、悔しい」

★3着クレイジーアクセル(大井)=御神本騎手「自分のペースで逃げられたが、意外に中央馬についてこられた。3角でいけると思ったし、最後も止まっていないが…」

★5着プリンセスノンコ(JRA)ルメール騎手「ペースが速くて忙しかった。向正面でポジションを上げたかったが、進まなかった。1800メートルまでかな」

★6着ララプリムヴェール(JRA)=和田騎手「馬がムキになってしまった。3角で手前を替えたら手応えがなくなった」

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!