• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【函館スプリントS】ダイアナヘイロー 転厩2戦目で一変!あるぞ「高松宮記念18着からの逆襲」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【函館スプリントS】ダイアナヘイロー 転厩2戦目で一変!あるぞ「高松宮記念18着からの逆襲」


転厩2戦目での激変が期待されるダイアナヘイロー

【函館スプリントS(日曜=17日、函館芝1200メートル)栗東トレセン発秘話】厩舎の解散、馬主との意見の相違、そのほか馬があふれている厩舎から空き馬房のある厩舎への移転など、様々な要因によって競走馬は「転厩」する。そして、その理由が何であれ、転厩初戦からいきなり結果を出すのは、なかなか簡単なことではないらしい。

「それまでとは調教のやり方が変わってくるし、カイバも変わります。何より周囲の環境が変わるというのが、サラブレッドにとって影響が大きいんだと思います。ウチも軌道に乗るまでには時間がかかりましたから」

 3年目の寺島調教師の弁だ。解散厩舎からの転厩馬が“寺島スタイル”になじむまでにはかなりの苦労があったようだ。

 GIII函館スプリントS出走馬の中にも、同様の経緯をたどった馬がいる。2月いっぱいでの福島厩舎解散に伴い、大根田厩舎に移ってきたダイアナヘイローだ。

 転厩初戦の高松宮記念は引き続き同じ人間が担当し、カイバも同じものにして臨んだのだが、それでも最下位18着と散々な結果に終わった。これもやはり転厩の難しさなのか…。

「う~ん、阪急杯を勝った後で馬がしんどかったんちゃうかな。早めにかわされて“もうや~めた”って感じの競馬になっとったからな。レース後は馬に元気もなかったし、それまで走ってきた疲れがあったんだと思う」(大根田調教師)

 転厩馬のもうひとつの難しさがまさにこれ。特に定年直前の厩舎は最後の書き入れ時とばかりに、解散直前までレースに使いたがる。「余力ゼロ」の状態で新たな厩舎に移ってくる場合も決して少なくはないのだ。

 ダイアナヘイローもこのパターンだったとすれば、高松宮記念の大惨敗を気にする必要はなくなる。その後にひと息入れたことで、しっかりリフレッシュ。仕切り直しのこの一戦こそが“大根田版”ダイアナヘイローの本当の意味でのスタートと言っていい。

「前走時に比べると、状態は明らかに持ち直してきているよ。函館の洋芝がどうかという面はあるけど、小回り平坦というコース形態は間違いなく向くからね」(大根田調教師)

 ちなみに大根田厩舎は昨夏、函館に4頭を連れて行って、そのすべてが勝ち鞍を挙げる名采配を披露。今年のダイアナヘイローも土産なしに栗東に戻ってくることはないとみた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI高松宮記念杯競輪】三谷竜生がGI連続優勝
三谷竜生が5月の平塚ダービーに続くGⅠ連続優勝を決め、3つめのタイトルを手にした!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!