• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > 競馬 > 【日本ダービー・東西記者徹底討論】休み明け皐月賞3着ジェネラーレの逆転か能力世代トップのダノンプレミアムか

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【日本ダービー・東西記者徹底討論】休み明け皐月賞3着ジェネラーレの逆転か能力世代トップのダノンプレミアムか


洗い場でほえるジェネラーレウーノ

【日本ダービー(日曜=27日、東京芝2400メートル)東西記者徹底討論】2018年クラシック最高峰の第85回日本ダービーも、いよいよ目前。競馬記者にとっては1年の中で最も当てたいレースだけに、「独創」荒井&「馼王」西谷の気合はハンパではない。いわば、自らの存在意義をかけた戦いを制するのは果たしてどっち!?

 荒井敏彦(東スポ):何はともあれ、日本ダービーだな。これさえ当たれば万事OKみたいな…。

 西谷哲生(大スポ):今世代をみっちりと取材してきた、その成果を披露するまでです。

 荒井:皐月賞で担当厩舎のエポカドーロに本命を打たなかった“節穴記者”が何を言ってるんだか。

 西谷:過ぎたことはお互い忘れましょう。ダービー的中ならすべて帳消しってことで。

 荒井:まあ、自分にも言い聞かせたようなものだからな。ドカーンと決めてやろうじゃないか。

 西谷:1冠目の皐月賞は前と後ろで馬群が2つに分かれる特殊な競馬。そもそも断然の主役が不在だったし、着順がそのままスライドするかどうか…。

 荒井:馬場も悪かったし、不確定要素がいろいろ多過ぎた。皐月賞負け組の巻き返しの可能性は十分にあるし、新興勢力も前哨戦で強烈なインパクトを残した。今年はいつにも増して予想が難しい…というよりは面白いよな。

 西谷:で、ボクのなかでは皐月賞3着ジェネラーレウーノ◎が正解。京成杯V以来の休み明けで、あの走りならさらに…の期待が膨らみます。

 荒井:稽古は相変わらずいいというか、前走時を上回る動き。矢野調教師は「良過ぎるくらい」って。要は気持ちが前向き過ぎるんだよな。

 西谷:まだ難しいところはあるみたいですけど、その中でこれだけの戦績を築けたのは立派です。皐月賞はギリギリの3着粘り込みでも、前後半5ハロン59秒2―61秒6と厳しい流れ。一番タフな競馬をしたのは間違いなくこの馬です。速い時計が出る今の東京は合うし、少なくとも皐月賞1、2着馬を逆転できる材料は揃っています。

 荒井:オレは3か月前から心揺らぐことなく、ダノンプレミアム◎だ。世代の頂点にふさわしいのはこの馬しかいないだろ。

 西谷:挫石で皐月賞を使えなかった誤算をどう見るかですが…。ボクは思い切って△まで評価を落としました。

 荒井:バカだなあ~。考えようによっては最終週の道悪馬場での消耗戦を避けられたんだから。皐月賞回避はむしろケガの功名って思えばいいのに。弥生賞はワグネリアン相手にノーステッキでの完勝。世代トップの能力に疑いはない。追い切りも注視しているが、攻め過ぎなくても、時計は自然に出ているし、馬体に太め感もない。好位から速い脚が使えるスタイルは、近年のダービーでは一番頼りになる。超ハイペースにでもならない限りは押し切れるだろ。

 西谷:ボクはもう1頭の無敗馬ブラストワンピースが相手筆頭です。こちらは予定通りの、余裕のあるローテに好感が持てますね。

 荒井:ラストが加速ラップのゆりかもめ賞で余裕の差し切り。舞台適性はこの馬が一番かもな。

 西谷:毎日杯では直線で内ラチに接触しながら、のちのNHKマイルC2着馬ギベオンを一蹴。クラシック組とは未対戦とはいえ、勢力図を一気に塗り替えてもおかしくないだけの資質を秘めています。あとは厳しい流れを経験していないのがどう出るかだけですね。

 荒井:ワグネリアンの巻き返しにも注意を払わないとな。皐月賞(7着)は能力の半分も出してないだろ。

 西谷:友道調教師は「グリップが利かない馬場だったし、最後はあまり無理をしていなかった」と。1週前にウッドで6ハロン77秒台マークなら、ダメージは一切なしとしていいでしょう。

 荒井:社杯(東スポ杯2歳S)で見せた加速力は良馬場でこそ発揮されるだろうからな。

 西谷:今年から優先権が(4着から)5着までになったことで、間にレースを使わずに済んだ皐月賞5着キタノコマンドールは“持ってる馬”ですよね。胴の長い体形はいかにもダービー向きです。ただウッド3頭併せの1週前がまさかの遅れ。稽古は本気で走らないのか…。直前の追い切りは必見です。

 荒井:ちょっと不気味なのはグレイル。皐月賞(6着)のゴール前は伸び脚急で、上がり最速タイなら捨て切れない。

 西谷:左回りの共同通信杯が案外(1番人気7着)でしたが、「理由は分かっている」と野中調教師は確かな手応え。もともとダービー狙いのローテを敷いた馬だし、確かに怖いと思いますよ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】武田豊樹がドリームレース勝利で生涯獲得賞金15億円突破!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!