• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ひと口馬主のススメ > 【2018年有力クラブ紹介=ひと口馬主のススメ】友駿ホースクラブ愛馬会編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018年有力クラブ紹介=ひと口馬主のススメ】友駿ホースクラブ愛馬会編


ローレルオードリーの17

【友駿ホースクラブ】ジャパンCを圧勝したタップダンスシチーや、ダートGⅠ・9勝のエスポワールシチーなど、芝ダートのチャンピオンホースを輩出している友駿ホースクラブ。伝統あるクラブの次なるページを刻むべく、16日からは新たな期待の1歳馬たちの募集もスタートしている。

 そのうちの一頭であるローレルオードリーの17(牡、池上昌和厩舎)は、2年連続100頭を超える種付けをこなし、馬産地で人気を博すトゥザワールドの初年度産駒。半兄のシンゼンガンプは、8月の札幌で3勝目を挙げ、今後の活躍が期待される。同じく半兄のタンブルブルータスは2勝し、1000万でも3着に健闘した実績があった。実績ある牝系に、評判高い新種牡馬との配合ながら、リーズナブルな価格に設定されている点は注目だ。さらに、本馬は「ドリームコース募集馬」で、GⅠクイズチャレンジに参加できる特典もある。

 すでに募集中の馬の中から、まずは1999年のオークスを制したウメノファイバーを祖母に持つクリールダイナーの17(牡、高橋義忠厩舎)をピックアップ。初年度産駒が好発進のジャスタウェイとのカップリングで、ゆったりした首差しと均整の取れた馬体は、ダイナミックな走りを期待させる。8月中旬から日高町門別のヤシレーシングランチで育成されており、現在は430キロ台まで成長している。

 ブライトアバンダンスの17(牡、西園厩舎)は、母が米GⅢ勝ちなど、仏米合わせて6勝を挙げている。1つ上の半姉・エイシンロードは、3戦してすべて入着と、仕上がりの早さと高い資質を見せている。期待の新種牡馬の一頭であるエピファネイア産駒で、現在500キロと雄大な馬格を誇り、大物感を漂わせる。

 ルーラーシップ産駒のレディオスソープの17(牡、相沢厩舎)は、吉澤ステーブルで騎乗馴致まで進んでいる。母が特別勝ちを含む2勝と、非凡なスピードを見せたが、菊花賞馬などを輩出した父との配合で、ゆったりした馬体のシルエットに、距離の融通は利きそうだ。

 また、友駿ホースクラブは、地方競馬ファンドも実施している。地方1期生から活躍馬を送り出しており、ナイター競馬など中央とは趣が違う環境を楽しみたい方にはうってつけだ。

◇ホームページ http://www.yusyun-hc.co.jp/

【編集部のおすすめ】

【新着記事】



【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!