• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ひと口馬主のススメ > 【2018年有力クラブ紹介=ひと口馬主のススメ】サラブレッドクラブライオン編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018年有力クラブ紹介=ひと口馬主のススメ】サラブレッドクラブライオン編


ムラフカの16

【サラブレッドクラブライオン】JBCスプリントの勝利でクラブ初のGI馬となり、長きにわたってけん引していたドリームバレンチノは、アロースタッドで種牡馬入りした。後輩たちは2歳やダート重賞、さらに障害での重賞ウイナーを送り出すなど、クラブ所属馬たちはバラエティーに富んだ活躍を見せている。

 レヴァンテライオンやドリームキラリなど、外国産馬の活躍が顕著なライオン。追加募集された4頭のマル外は超良血馬揃いだ。当然ながら来年のクラシックを意識させる。

 ムラフカの16(牡、矢作厩舎)は、昨年のタタソールズのイヤリングセールでクールモアとの競り合いの末、落札した評判馬。父のノーネイネヴァーはモルニ賞(仏GI)を制し、ブリーダーズCターフスプリントで接戦の2着という実績があるスキャットダディ産駒だ。ヨハネスブルグの系統から日本のスピード競馬に適応できる資質を感じさせる。牝系もスピード豊かな印象だが、ゆったりした馬体のつくりから、距離の融通は利きそうだ。

 そして、欧米でGI馬を続々と送り出すウォーフロント産駒も募集馬に名を連ねる。アスターイズボーンの16(牡、西村厩舎)は、全兄に英GI2着馬、叔父に英GI馬など優秀なファミリーを持つ。ウォーフロント×ガリレオの配合は洋芝適性の高さを感じさせるが、母系がマイラー色が濃く、日本のスピード競馬に対応できる下地はある。夢のある2頭のほか、函館でのデビューを予定しているマリブムーン産駒のタシュザラの16(牡、矢作厩舎)は、レヴァンテライオンに次ぐ函館2歳S制覇を目指す。

 また、国内産に目を移すと、ノーザンファーム空港で育成されているマチカネセキガハラの16(牝、小崎厩舎)はセレクトセール出身馬。トーセンホマレボシも、ミッキースワローなどクラシックをにぎわす素質馬を送り出すなど、ディープインパクト後継種牡馬として頭角を現してきた。リーズナブルな価格での募集で、一発長打を狙える素質馬だ。2歳馬たちは6月末まで出資可能で、その後は1歳馬の募集も始まる。

◇ホームページ http://www.tc-lion.com/

【編集部のおすすめ】

【新着記事】



【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!