• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ひと口馬主のススメ > 【2018年有力クラブ紹介=ひと口馬主のススメ】シルク・ホースクラブ編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018年有力クラブ紹介=ひと口馬主のススメ】シルク・ホースクラブ編


桜花賞、オークスを異次元の走りで制した新女王アーモンドアイ

【シルク・ホースクラブ】18年の幕開けとともに、史上初となる同一馬主による3日間連続重賞制覇という快挙を達成すると、アーモンドアイが圧巻の走りで桜花賞、オークスの2冠を制覇するなど、快進撃が続くシルク・ホースクラブ。17年産となる1歳募集馬は、さらに大輪の花を咲かせるべく、垂ぜんのラインアップ。その中でもディープインパクト産駒は世代の頂点を狙える良質馬揃いだ。

 モシーンの17(牡)の母は豪GⅠを4勝し、日本に輸入されてからクラブ所属馬の全姉プリモシーンが今年のフェアリーSを勝利。母父ダンチヒ系との配合からはジェンティルドンナやミッキーアイルなどの活躍馬が出ていて好相性。精悍な顔つき、張りのある胸前と真っすぐ伸びる前脚はパーフェクトの一語だ。

 キューティゴールドの17(牡)も甲乙つけがたい好素材。全姉はジャパンC、秋華賞などを制したショウナンパンドラ。骨量豊富な四脚に柔らかみのある首さし、身のこなしの優雅さは姉をほうふつさせる。

 牝馬ではオークス、秋華賞を制したミッキークイーンの全妹ミュージカルウェイの17に一目ぼれ。関節の可動域が広く、完歩の大きいなめらかな走り、環境の変化に戸惑わない冷静沈着な気性はすでに女王の風格を漂わす。

 ロードカナロア産駒からはルージュクールの17(牡)。1歳馬とは思えぬ骨太な骨格、頑丈な各関節のつくりに圧倒される。アーモンドアイ、ステルヴィオと同じく、ノーザンダンサーとサンデーの血を併せ持つ母とカナロアとの配合に夢は広がるばかりだ。

 新種牡馬エピファネイアを父に迎えたアドマイヤセプターの17(牝)も肩回りや後躯の筋肉が発達した頑健な好馬体。聡明な顔立ちは叔父ドゥラメンテなどエアグルーヴから流れる一流牝系の証し。成長力ある父との配合で、次世代女王への階段を駆け上がる姿が待ち遠しい。

 同クラブでは今回の第一次募集から抽選時優先制度(抽優馬)を導入。これにより新規入会者でも最も購入したい馬を1頭選択することで、総口数を超える人気の馬にも出資できる可能性が高まった。詳細はホームページから取り寄せられる入会案内の無料カタログで確認してほしい。

◇ホームページ http://www.silkhorseclub.jp/

【編集部のおすすめ】

【新着記事】



【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕! new
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!