ガールズケイリン ママさんレーサーが初V

2013年01月04日 17時04分

【ガールズケイリン】2~4日の日程で開催された平塚競輪場でのガールズケイリンは、4日の最終日9R決勝で4歳の息子を持つ“ママさんレーサー”森美紀(岡山=28)がまくりで初優勝を飾った。

 

 レースは同県のバレーボール出身レーサー・重光啓代(28)が先行。番手に本命の渡辺ゆかり(31)が続いたが、渡辺は外に選手がかぶり、仕掛けられず。森が最終バックストレッチから151㎝の小柄な肉体を躍動させる豪快なまくりで1着ゴールを駆け抜けた。

 

 森は、息子の瑛一朗ちゃんから「(最近)1着が取れてないと文句を言われていた」そうで、愛息に大いに自慢できる価値ある白星をつかみ取った。

 

「カッコイイママになるため」にガールズケイリンを目指した母が、うれしすぎる初V。1着を取った時は瑛一朗ちゃんにごほうびを買う約束になっているため、今回は大いに奮発することだろう。なお、森が初勝利した時は「仮面ライダーフォーゼのベルトを買ってあげるつもりだったが、結局レゴを買ってあげた」そうだ。

 

 

森美紀(もり・みき)1984年6月11日福岡県生まれ。A型。北九州工業高等専門学校卒。モットー「食う。寝る。遊ぶ。」