【豊橋競輪・中京スポーツ杯争奪戦】10年目の小林莉子は「まだ伸びしろがある」とギラギラ

2022年02月11日 17時21分

小林莉子が自在性が生きる400バンクで躍動(東スポWeb)
小林莉子が自在性が生きる400バンクで躍動(東スポWeb)

 豊橋競輪の「中京スポーツ杯争奪戦」が12日からナイターで開催される。ガールズケイリンは小林莉子(28=東京)と荒牧聖未(31=栃木)の2本柱だ。

 初代ガールズGP女王の小林は昨年、6年ぶりにガールズグランプリに出場。まくった高木真備(27=東京)に続いて準Ⅴと好成績を収めた。ただ本人は「年末は調子を落としていて…。正直、惜しかったってのはありますね」と、勝機を逃したと感じている。

 今年デビュー10年目を迎えたが年齢はまだ20代。「まだ伸びしろがあると思っています」と笑顔で話し、今は「トップスピードの強化ですね」と目を輝かす。

 今年はここまで伊東、宇都宮、前橋と400バンクがない。「サンサンも500もみんながなかなか踏まなくて…。残り250とか300の勝負になり難しかったです」と、苦手なスローな展開にげんなりだ。「やっと400を走れます」と喜ぶ今節は、持ち味の好立ち回りからの一撃で主役を演じる。

関連タグ: