【岸和田競輪・ガールズケイリンコレクショントライアル】関係者にコロナ陽性者で中止打ち切りへ

2022年01月15日 11時39分

石井寛子(東スポWeb)
石井寛子(東スポWeb)

 岸和田競輪で15日に2日目を行う予定だった「ガールズケイリンコレクショントライアル」のシリーズは、関係者1人に新型コロナウイルスの陽性者が出たため中止、打ち切りを決定した。

 今シリーズはFⅡ開催とともに「ガールズケイリンコレクション2022いわき平ステージ」のトライアルレースが行われていた。当トライアルは岸和田、宇都宮(23~25日)、四日市(3~2月1日)の3場所2個レース制で開かれ、決勝1、2着の6人と3着3人の中から選考順位上位1人の計7人が、5月3~8日にいわき平のダービー開催中に行われるガールズケイリンコレクションの出場権を得るもの。

 初日の予選1走目で1着だった石井寛子(36=東京)と尾方真生(22=福岡)が出場権を手にするが、規定により、今回の岸和田からは決勝3着扱いの選手はなしとなる。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ