【久留米競輪・ガールズ】フレッシュ120期コンビの内野艶和&中村鈴花に大注目!

2021年11月26日 18時43分

健闘を誓い合う仲良しコンビの内野艶和(右)と中村鈴花(東スポWeb)
健闘を誓い合う仲良しコンビの内野艶和(右)と中村鈴花(東スポWeb)

 久留米ミッドナイト競輪(FⅡ)が27日に開幕する。ガールズケイリンでは、高校時代からしのぎを削ってきた120期の内野艶和(19=福岡)と中村鈴花(20=熊本)に注目したい。内野は前回の武雄でデビュー初V。中村には同期の活躍が大きな刺激となっている。

 内野は前回の武雄で本格デビュー9場所目で初優勝を果たした。しかしながら、内野自身は「2日目やらかした(5着)ので自信はなかったです。(優勝は)まさかと思って驚きました」とあまり実感してないよう。

 というのも内容的には決して満足のいくものではないからだ。「デビュー当初よりは上向いているけど、まだ迷いがあったりするんです。決めたところでしっかり行きたいです。優勝したけど、そこは改善して走りたい」と言う。

 120期は内野に続いて21日の富山で山本さくら(20=愛知)が優勝。これに大きな刺激を受けたのが高校時代、内野とライバル関係にあった中村だ。「同期が連続で優勝しましたからね。自分も頑張らないと」と闘志をメラメラと燃やしている。初日は内野が1R、中村が2Rに登場。それぞれが強くなりたいという思いを胸に秘めて久留米バンクを全力で疾走する。

【関連記事】

関連タグ: