【小倉競輪・ガールズGP2021トライアルレース】女王・児玉碧衣が圧巻Vで28連勝

2021年11月20日 23時00分

児玉碧衣(左)が28連勝で優勝を決めた。右は小林優香(東スポWeb)
児玉碧衣(左)が28連勝で優勝を決めた。右は小林優香(東スポWeb)

 小倉競輪場で開催中のナイターGⅠ「第63回競輪祭」3日目の20日、11Rで「ガールズグランプリ2021トライアル」アメジスト決勝が行われ、児玉碧衣(26=福岡)が28連勝でのVを飾った。

 前走の広島でガールズケイリンの新記録である25連勝を達成した女王の勢いは止まらない。落ち着き払ったBSまくりで完勝に「柳原(真緒、24=福井)か(尾方)真生(22=福岡)が仕掛けるのを頭に入れていた。仕掛ける2人が後ろにいるのはきついので後方から」と組み立てを絞っての勝利だった。

 上がりタイムは11秒8で「3日間、11秒台で上がれたのは自信になる。グランプリに向けて上げていきたい」と五輪仕様の新車の手応えもバッチリだ。

 今回勝ったことでまた明確な目標ができた。「連勝はかなり意識していて、次の武雄で3連勝、GGP4連覇で400勝がはっきりした目標になった」と瞳をギラつかせた。舞台は静岡――。

「初めてGGPを取った場所。いい思い出がある。GGPに向けて突っ走りたい!」

 女王が誰も追いつけない場所に、向かおうとしている。

関連タグ:

ピックアップ