【前橋競輪・GⅢドームスーパーナイトレース】荒川ひかりが小林優香9秒8のまくりに追走決め「う、うれしい…」

2021年10月14日 19時05分

荒川ひかりの瞳は輝いている
荒川ひかりの瞳は輝いている

 前橋競輪場のナイターGⅢ「ドームスーパーナイトレース」が14日に開幕した。ガールズケイリンの予選1の3Rでは小林優香(27=福岡)がホームまくりを決めて快勝。2着には終始、小林後位に続いた荒川ひかり(26=茨城)が入った。


 小林は東京五輪に出場した日本のエースだけに、そのまくりは世界クラスのスピード。荒川は「最後のコーナーで(車間が)空いてしまった」と振り返ったが、「とにかく出脚に集中して」と付いていった脚は本物だ。


 残り1周の場面では内外に選手がいる状態も「そんなに危ない感じじゃなかったし、優香さんに付いていけなかった時の方が怖い」と根性を見せて食らいついた。「スピードが違ったし、本当にすごかった」。そのまくりに付いていけて「う、うれしい」。


 ほんの少しだが差し込めたのも好印象。「もう! 差せなくて悔しいとかおかしなこと書かないでくださいよ! 付いていけてうれしいんです!」とご機嫌だった。

関連タグ:
 

ピックアップ