【松山競輪・ミッドナイトガールズ】児玉碧衣 “強行軍”もなんの! 8月に続いて当地バンク攻略へ

2021年09月11日 19時56分

追加での参戦となった児玉碧衣(東スポWeb)

 高松市営の松山ミッドナイト競輪(FⅡ)が12日に開幕する。今シリーズはガールズケイリンも同時に開催される。

 2Rの児玉碧衣(26=福岡)は前検日の前日に急きょ追加を受けてやってきた。当バンクは8月に走って優勝したばかり。前回の防府から中3日の強行軍に、やや戸惑いもあったが参戦を決めた。

「コロナの影響で久留米の開催(9月9日~)が打ち切りになったこともあって、今バンクで練習ができないんです。そんな中、追加のお話が来た。私はバンクしか入らないから練習ができないし、脚力を落としたくなかったから、走ることにしました」

 そんな児玉の〝とばっちり〟を受けたのは、今シリーズのV候補筆頭だった尾方真生(22=福岡)。「大きなレースは正規配分で一緒になるけど、普通開催の時はどちらかに追加が来て一緒になる。前回の防府は私が追加でしたし。できれば来ないでほしかった(笑い)」と姉弟子の追加参戦に苦笑いを連発。

 しかし、児玉は「真生は嫌でしょうね~。前回の防府の決勝のこともあるし。私はいつも通りノビノビ走ります!」と、どこ吹く風だった。

関連タグ: