【佐世保競輪・ガールズ】当地初参戦の杉浦菜留は初日4着「気持ちが弱気になってる」

2021年06月14日 22時09分

杉浦菜留は何としても決勝進出したい

 佐世保競輪ナイター(FⅡ)「第1回ヒラマサカップ」は15日、2日目を迎える。ガールズ予選2の7Rに登場する杉浦菜留(20=愛知)は勝負駆けに挑む。

 佐世保初参戦となった初日(14日)予選1・6Rは最終2センターで最後尾に置かれる苦しい状況。直線で外を伸びたものの、4着がいっぱいだった。「ダメダメです…。気持ちが弱気になってる」とガックリと肩を落とし「めっちゃ重い感じもしないし、悪くはないんだろうけど、最近の成績が悪いのでビビってますね」と分析する。

 まだ優勝こそないものの、今期は準V2回と着実に力を付けてきたように思われたが、2場所前の川崎→前走の福井と立て続けに決勝のシートを逃し「自信をなくしてしまった」ことが「いつもなら行けるところで行けなかった」と、如実にレースに表れてしまった格好だ。

 勝負駆けに追い込まれた2日目の予選2・7Rは今シリーズ断然のV候補・坂口楓華(23=京都)との対戦。金星ゲットで失った自信を取り戻したいところだ。

関連タグ: