【高知競輪・ミッドナイトガールズ】大久保花梨「高知は好き」9戦7勝の好相性バンクで連続優勝を狙う

2021年04月15日 13時47分

高知バンクに絶対的な自信をみせる大久保花梨

 高知競輪の「ミッドナイト競輪アワーIN高知」(FⅡ・小松島市主催)は15日が最終日。ガールズ決勝に進出した大久保花梨(23=福岡)は自他ともに認める高知巧者。昨年12月に続く当地2場所連続完全Vを狙う。

 2日間の大久保の走りは完璧だった。初日は前受けした中川涼子(36=熊本)の視界に入らないところから仕掛けて中川を完封。2日目は強い風と後位に人気対抗格の奈良岡彩子(31=青森)がいることをしっかり把握して走り、奈良岡の追撃をまったく寄せつけなかった。

 高知バンクはこれで9戦7勝。勝率7割7分7厘となった。大久保本人も当地との相性の良さは実感しており、「高知は好きなバンク。イメージがいいんです。調子もいいし、また呼んでもらえるように頑張ります」と気合が入っている。決勝は同じく連勝で勝ち上がった久米詩(21=静岡)ら、一筋縄ではいかないメンバーが揃った。それでも「高知は苦手」と言う選手が多い中、当バンクに自信を持って走る今の大久保ならあっさり勝って高知2場所連続完全Vを達成しそうだ。

関連タグ: